時給が出る配信ライバー募集

カスタムピザ『800°DEGREEZ』が楽しい!

800°ディグリーズの写真

自分でオリジナルのピザを作ることができると話題の800ディグリーズさん。

昨年新宿に出来たばかりで、アンジャッシュ渡部さんのブログなんかでも紹介されていた本格窯焼きピザ屋さんに行ってみたのでレポートします。

800°ディグリーズとは?

2012年にアメリカ西海岸で発祥のピザ屋さん。

カスタムできることと、800度の高温の窯焼きピッツァが特徴。

日本では新宿と南青山の2店舗で昨年オープンし、全世界16店舗もあるお店です。

アクセス JR新宿南口1分
地図 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU エキソト 2F
時間 11:00~23:00(LO 22:30)年中無休

スポンサーリンク

行ってみた

今回は新宿店のほうに行ってみます。

新宿800°ディグリーズの写真1

なんと南口の改札の真ん前。

なんなら新南口だと直結で徒歩3秒です。

入り口には映画のパンフレットの如くわかりやすいメニューがあって並んで待ちます。

新宿800°ディグリーズの写真2

基本的にはほぼどの時間も必ずちょっとは列ができています。

とは言っても店内は54席で、夏は外のテラス席も使えるほど広々。

800°ディグリーズの写真4

スポンサーリンク

食べてみた

食べるまでをステップアップ方式でレポートします。

STEP.1
入店
席に案内されて、座ってメニューを選びます。

800°ディグリーズの写真3

セルフサービスのお店なので注文は取りに来てくれません。

STEP.2
受付
なので、立ち上がって受付に行って注文します。

800°ディグリーズの写真1

まずはピザの基礎となる、ベースソースを5種類から選びます。

  • マルゲリータ980円
  • ビアンカ980円
  • マリナーラ850円
  • ヴェルデ1,100円
  • クレマ980円

僕はマルガリータをチョイス。

STEP.3
ベース作り
注文したベースを目の前で作ってくれます。

800°ディグリーズの写真2

生地は毎日店舗で手作りというこだわり。

STEP.4
トッピング
もう一つ進んでこのエリアではトッピングを注文します。

800°ディグリーズの写真5

大きく分けて4つのカテゴリで、全50種類。

  • ベジタブル系100円
  • 日本オリジナル系200円
  • プロテイン系300円
  • チーズ系200円

手元のプレートで値段もわかるし、話しながら注文できるので、迷うことはないと思います。

お店のメニューには「2~3個がおすすめ」と書いてありました。

絶対に全部載せ企画みたいなことはしちゃダメですよ?

STEP.5
焼き
出来上がったピザを、お店の名前でもある800度の窯にライドーン!

800°ディグリーズの写真6

STEP.6
お会計
最後にドリンクやアラカルトの注文があるか聞かれ、終わるとその場でお会計。
STEP.7
ドリンク
ドリンクもセルフサービスでバーカウンターから取ります。
STEP.8
出来上がり
さすが800度と思うほど早くて、確か5~10分もたたずに出来上がった気がします。

フードコートみたいにレシートの番号を呼ばれて自分で取りに行きます。

800°ディグリーズの写真7

目の前でカットまでしてくれます。

STEP.9
食べる
いただきます。

のび君
おいし~♡

800°ディグリーズの写真8

もうチーズメッチャ伸びる♡

生地もしっかりしてて十分にお腹いっぱいになりました。

でもお腹が空いてたら2枚も行けるかも。

スポンサーリンク

まとめ

自分でカスタマイズして楽しい。

しかもこんな目の前で作ってくれる本格的でおいしい窯焼きピザが850円からと言うのは嬉しい嬉しい限りです。

新宿グルメの目次はこちら

おすすめのインスタ映え料理集新宿でインスタ映えするおすすめグルメ20選