時給が出る配信ライバー募集

バリ動物園でゾウさんに乗ってみた!

水の上をゾウが歩く写真

バリ島ウブドにあるバリ動物園で、死ぬまでに一度は乗ってみたいゾウさんに乗ってみました。

バリに行く予定も象に乗る予定がない人にも楽しんでいただけるように写真たくさん載せていくので、ぜひゾウに乗った気分でお楽しみください。

入り口

 

行ってみた

入り口の写真2

バリ島ウブドの中心街から車で15分ぐらい。

どこかから無料のシャトルバスも出てるみたいです。

10時開園で10時ピッタリについたこともあってか、はたまた平日と言うこともあってなのか、ガラガラ。

並ばずに買えました。

スポンサーリンク

料金

料金表

バリ動物園の料金は全部で3種類。

バリ動物園の料金表
大人 子供
入場料 395,000Rp
(2,928円)
255,000Rp
(1,890円)
象さん30分付き
入場料
1,185,000Rp
(8,784円)
770,000Rp
(5,708円)
象さん15分付き
入場料
985,000Rp
(7,302円)
640,000Rp
(4,744円)

※2018年10月24日時点(1円=135インドネシアルピアン)

それなりに高い!笑

奥さんとか子供いたら破産しちゃうよ!!笑

記念写真

ちなみに、この象の記念写真は2枚セットで170,000Rp(1,260円)。

高い。笑

スポンサーリンク

入ってみた

まずは動物園エリアからスタート。

鹿

とても近い距離でバンビと触れ合えます。

バンビ

まあでもこれは奈良県でもできますね。

他にも、日本で人気のカワウソとか、マダガスカルの人気のやつとか色んな動物が。

まあこれも普通の動物園で見れますね。

その入り口のエリアが終わると、バスで象のエリアへ!

園内のバス

二階建てのバスとそうでないバスがあって、二階建てのほうが気も良くおすすめ。

二階建てのバス

5分~10分ぐらいでしたが、かなり広い感じです。

園内マップ

スポンサーリンク

乗ってみた

象さんライドオンエリア

象のチケットは買う時に時間を指定されているので、その時間に合わせていきます。

象の入口

まるでジェットコースターに乗るような感じ。

ゾウに乗った写真

ついに乗ることができました。

しかしながら感想は・・・

バリでゾウに乗ってる写真1

のび君

乗り心地 悪っw

もちろんですよね。

ゾウさんは乗り物ではなく、生き物ですもんね。

人間が載るための物ではないので、乗り心地は悪くて当たり前ですね。

一歩ごとに大きくゆれる感じが下腹が鍛えられて嬉しいです。

乗り心地悪いなんて言ってごめんねゾウさん。

行きましょう。

コース1

とてもゆっくり静かにジャングルを歩いていきます。

コース2

途中で30分のコースと別れるのですが、30分のほうは水のエリアが多くて楽しそうでした。

もう一つ思ったのは、暑くて死にそうなこと。笑

バリ島でゾウに乗ってる写真

10月なので気温は春ぐらいなのですが、やはり日差しが強くてキツイです。

日焼け止めないと皮膚が壊れるかもしれないかと思うほどでした。笑

コース3

あともう一つ思ったこと。

ウブドでゾウに乗ってる写真2

のび君

一人だと全然つまらん!笑

運転手さんも静かだし、やっぱ好きな人なんかと来たいものです。

コース4

そんなこと考えたら、この15分コースでも水のエリアが。

バリ動物園でゾウに乗っている写真

心なしか、同じくウブドにあるトゥグヌンガンの滝より涼しいです。

水の上をゾウが歩く写真

こんな感じであっと言う間の15分でした。

お疲れのエレファント

エレファントさんお疲れ様。

スポンサーリンク

感想

のそのそとゆっくり歩くゾウさんの上で、ゆったりとした時間を味わうことができます。

のび君

もう一回乗りたい!

とは思わないけど、乗ってみて損はないと思います。

後は普通の動物園として、ライオンにお肉をあげたり楽しめるポイントはたくさんあり、ウォータースライダーなんかもあるみたいです。

水上エリア

家族がいる方にはおすすめです。

表紙写真一人でバリ島観光してみたうえでのおすすめスポットレポートまとめ!