時給が出る配信ライバー募集

山登り未経験が富士山に挑戦してみた!

miiimo富士登山挑戦の写真

こんにちは、アクティブなことも好きな桃池未依です。

今回は富士登山に誘われたので、急遽参加してきました。

いざ、静岡県と山梨県に跨る活火山であり、世界遺産にも認定された標高3776.24mの日本最高峰の山へ。

昔から一度は登ってみたいと思ってた!!

5合目スタート

登山道に山小屋の多い吉田ルートを選択。

御来光を見ることが目的だったので、夜から朝にかけて登るプランでした。

ちなみに30名ほどの団体だったので、メンバーの確認ができるように班を組みリーダーを決めました。

18:50

バスで出発地点の5合目まできたら、すでに暗い!

そして、小雨降ってるし霧がかかってた。

19:05

ヘッドライトの数が足りず、私は他の人のライトの明かりを頼りにスタート!

スポンサーリンク

6合目

20:10

安全指導センターというものがあり、

落石や転んだときのために、ヘルメットの貸し出しをしていました。

デポジット制で、貸し出し1個につき2000円を預かり、下山の返却時に全額返金してくれるというもので実質無料です。

メンバーのうち数名は借りていました。

私も迷ったんだけど、借りるメンバーが少なかったという理由で結局借りなかった。

スポンサーリンク

7合目

21:35

ここでご飯休憩をとることになったけど、30名全員は入れず半分に別れることに。

温度計を見ると気温14度。

歩いてる間は暑いけど、休憩中は汗かいた体が冷える。

22:34

ご飯組と別れて進み、次の小屋に到着。

もうだいぶ汗だく。

手も使って登るような足場の悪い岩場よりも、段差の高い階段を登るときの太ももが本気でツライ。

チョコを食べたり糖分とって、しばし休憩。

23:00

辺りは真っ暗で岩や階段が多くなり、足元が見えないと危険。

ライトは1人1個必須だと実感し、ここの小屋でヘッドライトを購入。(¥2500)

自分でうまく装着できず、

私:お兄さん、ヘッドライト付けてもらってもいいですか?

店員:わかりました。

∑(゚Д゚)

(私につけてもらうはずが、自分の頭につけだす)

違います!!!!!!!!爆

最終的にちゃんとぴったりのサイズで装着してもらい、準備バッチリ!

他にも小ボケを挟んでくるノリのいい店員さんでした。笑った。

スポンサーリンク

8合目

0:25

ここでは15分ほど休憩だったので、水飲んだりスニッカーズを食べる程度。

体が慣れてきたのか、6〜7合目のときより7〜8合目のほうが体感的に楽だった。

まだ余裕あり。

1:37

月や星が綺麗。それ見て頑張る。

空を眺めたり、登りながら撮影できるくらいの余裕あり。

スポンサーリンク

9合目

写真なし。余裕なし。

なんなら、気持ち悪い。(高山病??)

酸素缶で酸素を吸っても、すぐには良くならず。症状出る前から吸っておけばよかった。

この辺から登山客が一気に増えてきて(小屋で泊まって寝てた人たちも登り始めたから)、後ろからのプレッシャーがすごい。

道狭いから休んでると邪魔になりそうだけど、とにかく吐き気と戦いながら休み休み登る。

そして、めちゃくちゃ寒い。

リュックからダウン取り出して羽織ったけど、それでも寒い。冬!!

頂上到着!!!!!

3:40

大きな小屋と、たくさんの人と、頂上の文字を発見!!

本当にここが頂上?!

半信半疑になりつつも、頂上とわかって一息つく。

まだ気持ち悪いけども、体が冷えていたので豚汁(¥800)と白ご飯(¥500)を食べる。

少しずつ回復。

4:15

めちゃくちゃ寒いけど、御来光を待ちながらコーラ(¥500)を飲む。

この頃には吐き気もおさまり、元気。

4:55

遂にきた!!

みんなで御来光を拝む。

無事に目的を果たせました!!!!!!

写真で見るより実物はもっともっともっと綺麗で、素晴らしい。

下山

5:40

天気よし。雲海に感動。

この景色に浮かれながら下山スタート。

勝手な思い込みで、下山は楽なものだと思ってた。けれども、ここから地獄が始まる。

吉田ルートは登山道と下山道が別のため、下山はゆるやかな坂を下り続ける。

景色が全然変わらなくて、どのくらい進んだのかとかわからないし、登りより遥かに長く感じた。

永遠に続くような砂利道。滑るし歩きづらい。普通のスニーカーを履いてたから、小石や砂が靴の中にたくさん入ってくる。

暑さと、膝のダメージに体力を奪われながら歩き続けること約4時間。

9:25

やっと、バスが待つ5合目へ到着。

この顔がツラさを物語る。

出発時より痩せた?いや、老けた。

汗びっしょり。

まつエクしてるだけで、眉毛も生えてないとこ消えてるしほぼすっぴん状態。

本当に本当にお疲れ様でした。

感想

一緒に登った33名中、寒さや疲労、高山病などで8名がリタイアしましたが、25名が無事に頂上まで辿り着きました。

登りきった達成感と、頂上の景色や御来光が素晴らしく、本当に感動もの!!登ってよかった!!

なにより一番つらかったのは下山。

( ;´Д`)下山はリタイアできないし。。。

帰宅後の膝の痛みと、それから3日間ほどふくらはぎの筋肉痛が続きました。

私はまた登りたいとは思わないし、登山にハマらなかったけど、一度は登ってみることを心からオススメします!!