時給が出る配信ライバー募集

メルボルン観光でインスタ映えする無料のおすすめスポット10選

メルボルン観光のおすすめスポット

2018年の2月にオーストラリアのメルボルンを旅行してました。

そこで個人的におすすめできると感じた無料でインスタ映えなスポットを、10箇所に厳選してまとめました。

1、クイーン・ビクトリア・マーケット

130年の歴史をもつ南半球で最大の野外市場の一つで、通称メルボルンの台所とも呼ばれる場所。

クイーン・ビクトリア・マーケットの写真

ここは音楽・フード・ショッピング・お酒・カフェが楽しめる所でイベントも良く行われています。

クイーン・ビクトリア・マーケットの写真3

全部のお店を合わせると600店舗以上で、地元の物をはじめ世界中の品物などが揃ってます。

クイーン・ビクトリア・マーケットの写真2

地元に住んでたら毎週行きたくなるような素敵な場所です。

詳細
<住所>Queen St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
<時間>営業時間はバラバラなので、HPで最新の情報をゲットしましょう。
<HP>https://qvm.com.au/

スポンサーリンク

2、ビクトリア州立図書館

1854年に建てられ150年以上の歴史を持つオーストラリア最古の図書館。

ビクトリア州立図書館の写真

州の最も重要な資料やビクトリアの遺産などを収蔵していて、豪華なビクトリア時代に建てられた文化遺産。

世界で初めての無料公共図書館の1つで、世界一美しい図書館にも選ばれている場所です。

インスタ映えするこの八角形のフロアは『La Trobe Reading Room』と言って、実際に僕もインスタで見て行ったのですが、写真以上に美しくて驚きました。

ビクトリア州立図書館の写真2

これだけ広い図書館で、大盛況と言うほど人がいるのに、静寂を保っていて不思議な空間です。

ビクトリア州立図書館の写真3

一人あたりの机が広くて大きくて、ワイファイもサクサクで充電プラグまでついていて何時間でも無料なので、勉強にも仕事にも持って来いです。

実際に設立者の方々は、ビクトリア朝のすべての人々が発見し・学び・創造し・つなぐことができるようにと、この場所を作ったようです。

なんとも素晴らしいですよね。

詳細
<住所>Queen St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
<時間>月~木 10時00分~21時00分 金~日 10時00分~18時00分
<HP>https://www.slv.vic.gov.au/

スポンサーリンク

3、落書きストリート

メルボルンのメインステーション「フリンダースストリート駅」から徒歩2分の所にある落書きストリート。

落書きストリートの写真

落書きストリートは、裏路地にあってメイン通りからは全くわからないような場所にあるんですが、一歩ここの裏路地に入ると「Woooooo!!」て言いたくなるほどの迫力です。

落書きストリートの写真2

落書きと言うよりは、ストリートアートの芸術作品が壁一面に広がっており、壁の上からごみ箱にまでアートが延々に描かれています。

ユウジロウ
色々なグラフィックアートがあり、観光客の人はお気に入りのアートを見つけて、その前で写真撮りまくっています。

アングルを変えたりして、尋常ではなく撮り直していて、まるで写真スタジオ。

アートよりそんな人たちを観てるのも楽しかったです。

と言いつつ自分も撮ってしまいました(笑)

落書きストリートの写真2

詳細
<住所>9 Hosier Ln, Melbourne VIC 3000 オーストラリア

スポンサーリンク

4、ブライトンビーチ

メルボルンで最も裕福な郊外に位置し、現在は文化財として保護されているブライトンビーチ。

ブライトンビーチの写真2

海は綺麗と言うほどではないですが、全然泳げる範囲です。

ただ海水が2月のせいか冷たく、僕は寒がりなせいか震えるほどでした。

ブライトンビーチの写真

そして何よりおすすめが、この「Wonderful!」と言いたくなるインスタ映えの小屋。

所有者の人が着替え・食事・サーフボードを置くなどのように、実際に現役として使われてるものでした。

最寄り駅1 Brighton Beach Station(駅周辺には何も無い)
最寄り駅2 Middle Brighton Railway Station
アクセス どちらの駅からも徒歩で約10分~15分です。ランチと買い物したいなら「2の駅」。

スポンサーリンク

5、フリンダースストリート駅

オーストラリア国内初の駅として1854年に完成し、エドワード王朝風の威風堂々たる外観の建物。

フリンダースストリート駅の写真

「魔女の宅急便」のワンシーンで出てくる時計台のモデルになったとゆう説も。

ユウジロウ
とにかく外観がオシャレ!それしかないです。日本で例えるなら東京駅に雰囲気が似てる感じでした。

周りの街の雰囲気も広々としてて、ここに居るだけでも楽しかったです。駅の隣には川が流れていて、その上の橋からみるメルボルンの景色がまたまた最高でした。川沿いにはオシャレなカフェやバーがずっと並んでいて、お店を見てるだけでも楽しかったです。駅の裏の方にも路地がずっと続いていて、小道を入るとカフェやバーやショップが沢山あって、どこを歩いていても楽しかったです。

フリンダースストリート駅の夜の写真

夜のフリンダースストリート駅。夜はロマンチックな感じで街のネオンや街灯でクールでかっこいいです。

6、メルボルン博物館

南半球最大と言われる総合博物館で、オーストラリアの歴史を学べる博物館。

メルボルン博物館の写真

展覧は、芸術、デザイン、文化。

1,200以上のオブジェクトのコレクションを通じて、メルボルンの絶えず進化する物語を見ることができます。

一番の感想としては、

ユウジロウ

めっちゃくちゃ広い!

ということで、写真じゃ伝えきれないですけど、とにかく広いの一点張りで、さすが南半球最大と言われるだけあります。

メルボルン博物館の写真2

広いだけあって、感想やおすすめポイントも多いので箇条書きで。

ポイント

  • 一階から二階までとにかく展示数が多い
  • 恐竜の化石は迫力が凄い
  • クジラの化石が特に大きくて凄い
  • 同じ敷地内にある『世界文化遺産のカールトン庭園』は緑がとても綺麗
  • 『ロイヤルエキシビションビル(王立博物会ビル)』の建物も壮大
  • マイナスイオンたっぷりのミニジャングルが気持ちよい
  • 館内にはオシャレなカフェもある

先住民であるアボリジニの文化を勉強できたり、大人でも見入って楽しめるほどで2時間ほど満喫できました。

詳細
<時間>10:00~17:00
<料金>大人$14.00 / 子供無料(16歳まで)/ 学生は無料
<住所>11 Nicholson St, Carlton VIC 3053 オーストラリア
<アクセス>ダウンタウンから徒歩圏内にあり、トラムやバスでもアクセスできます。

7、ビクトリア国立美術館

通称NGVと呼ばれるメルボルンのシンボル的な存在で、1861年にオープンしたオーストラリア最古で国内最大級の美術館。

ビクトリア国立美術館の写真

作品の総数は70,000以上に上り、ヨーロッパやアジア、オセアニア、アメリカなど、世界の美術品を楽しめます。

6週間おきに展示内容が入れ替わるのでその時その時で楽しめます。

ユウジロウ
国立美術館が無料なんて日本ではありえないので、絶対行かなきゃ損でしょ(笑)と思い向かいましたが、期待以上にとても良かったです

最初は迷子になるくらい中が広くて、僕は何度も迷子になり、同じルートを通りました(笑)

2時間ほど回りましたが、また何回か足を運びたくなる場所で、ゴージャスで高級感溢れる大人な雰囲気の美術館でした。

クロークがあるので、貴重品以外の荷物は預けたほうがいいと思います。

また、美術館の目の前には大きな公園があり、川沿いの景色も魅力的ばびで、公園を散歩するのもオススメです。

詳細
<住所>180 St Kilda Rd, Melbourne VIC 3006 オーストラリア
<時間>10時00分~17時00分
<HP>https://www.ngv.vic.gov.au/

8、キングスアンドネイブスエスプレッソ

滞在中に毎日通っていたカフェで、本当は誰にも教えたくないほどの超オススメのカフェです。

キングアンドネイブエクスプレスの写真

メルボルンにはオシャレで美味しいコーヒーが飲めるカフェが多くありますが、見かけた瞬間に「もう完全に美味しいコーヒー飲めるでしょ!」って感じで一瞬で好きになりました。

お薦めは、ブラックのエスプレッソコーヒー。日本と違って濃いめの2ショット!コーヒーの味がしっかり楽しめて香りも最高。

ユウジロウ
ここは本当にコーヒーが美味しかったです。そしてカフェフードも。店内の雰囲気も良いし、バリスタの人も気さくに話しかけてきてくれたり、めっちゃ優しかったし!インテリアもデザインもオシャレ!メニューも豊富!パーフェクト!オーストラリアの割に価格も安い!コーヒー1杯4ドル前後。何回か通ったらすぐに店員さんも顔を覚えてくれて、それも嬉しかったな。窓から外を眺めながら飲むコーヒーは格別に美味しかったです。この街の雰囲気に酔いしげながら。この隣が地下鉄で、朝通勤していく人を眺めてるのも楽しかったです。地元の人達はカフェで仕事前にコーヒー飲みながら新聞読んだりしてたけど、それがめっちゃ絵になっていて、なんでこんなカッコいいのかと思ってました。日本の新聞読んでてもカッコ良さ感じないのに(笑)。あーーー。恋しいです。通えないのが。。。

訪れた街でお気に入りのお店があると、旅も更に楽しくなりますよね。

詳細
<住所>277 William St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア

9、セントキルダビーチ

とても綺麗でおすすめのセントキルダビーチの夕焼け。

セントキルダビーチの写真

メルボルン市内中心部の南「ポートフィリップ湾」に位置し、ボヘミアン文化と古いヨーロッパの伝統が調和した場所。

シティからも近いこともあって、、カフェなどが多く、ビーチもとても広く、人が多く賑やかでした。

カップルが多かったです。

もちろんショッピングを楽しめたり、アミューズメントパーク(ルナパーク)があり、長い桟橋の先に野生のペンギンがいます。

またオーストラリアのファッションやアートもさかんで、音楽の発祥地とも言われています。

メインのストリートは、AclandStreet(アクランドストリート)とFitzroyStreet(フィッツロイストリート)。

ユウジロウ
ここでは、一時間くらい夕焼けを眺めてました。それくらい夕陽の時間も長く綺麗です。写真の場所はセントキルダビーチのピアロードの場所で、人も少なく静寂の時間が流れてました。

10、夜景

最後におすすめしたいのが、メルボルンの街は夜の夜景です。

夜景の写真

個人的に好きだった場所は、フリンダースストリート駅周辺と、ヤラ川沿い。

その周辺の夜景がほんとに綺麗でずっと見てても飽きない。

夜の街中のランニングも楽しかったです。

その中でもフリンダース駅の横の橋の上から見る夜景が一番好きでした。

その他

今回はお金がかからず、どんな人でも楽しめる所で絞りましたが、他にもメルボルン市内には見どころ満載です。

その他のおすすめスポット

  • Crown Melbourneのカジノ施設
  • New Quay(レストランやクラブが多く、音楽で盛り上がってる。)
  • メルボルン観覧車
  • ザ・ディストリクト・ドックランズ(大きいショッピングモール)

是非、計画を立てて旅をエンジョイして下さい。

豆知識

行ってから知ったのですが、サマータイムの12月~2月は日本との時差が2時間。

通常は1時間です。

で、ビックリしたのが日没までの長さ!

オーストラリアの夏は日照時間が長いんですけど、その中でもメルボルンが一番長いみたいです。夜の21時過ぎても明るい。一日が長く感じられて良かったです。

それからもう一つ驚いたのが、電車のチケットについてです。

窓口で片道切符だけ買おうと思ったら、駅員さんに「片道切符は売ってません」と言われました。

なんとオーストラリア版Suicaみたいのを買わないとダメみたいで、マストアイテムと言われ買いました。

その名は、Myki(マイキーカード)。

電車移動の豆知識の写真

カード代の価格は6ドル(※カード代のお金は返金無しです)。

使えるのはビクトリア州だけ。

なんでーって思いました。( ;∀;)。

時代は常に変化していて、イノベーションしてるんだなと感じました(笑)。

でも、滞在中はこれを持っていた方が便利かもしれませんね。