時給が出る配信ライバー募集

大井競馬場メガイルミでデートでしてみた!

メガイルミネーションの写真

のびたん

のびたんです!

今回は、1月12日にリニューアルオープンしたばかりと言う大井競馬場のイルミネーション「TOKYO MEGA ILLUMI(トーキョーメガイルミ)」に行ってきました。

全体的な感想としては、

のびたん

むむっ!?

って感じでしたw

これ大人1人1,800円もするんだけど、本当にその価値があるのかと言う点なんかもふまえて、ワクワクからションボリまで気分のアップダウンを正直に・・・

いや、もはや最後は辛口でポートしていきますw

あ、ちなみに今回はデート形式なので、僕の彼女をご紹介いたします。

デートする彼女

それではどうぞ。

TOKYO MEGA ILLUMIとは

もともと大井競馬場ではイルミネーションを運営していたみたいだけど、2019年1月12日にリニューアル。

イメージモデルの藤田ニコルさん、川栄李奈さん、吉谷彩子さんもリニューアルの点灯式に来てて、メディアでも取り上げられていました。

なんといっても目玉は電球の数で、大井競馬場を800万個ものイルミネーションが彩ります

ちなみに、関東で有名な千葉県のドイツ村は250万個

で、世界最大級の長崎県のハウステンボスは1,100万個

と・い・う・こ・と・は!

イルミネーションに特化したスポットとしてはそこそこ凄い!

ということですね。

楽しみです。

ちなみに公式サイトでは全てのスポットの写真を見ることができます。

公式サイト⇒https://tokyomegaillumi.jp/

料金

メガイルミには入場料が必要です。

メガイルミの料金
大人 子供
当日券 1,800円 1,000円
前売券 1,600円 800円

団体割引や障がい者等割引もあるようですので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

行き方

  • 東京モノレール「大井競馬場前駅」から徒歩約2分
  • 京浜急行「立会川駅」から徒歩約12分

山手線だと浜松町で乗り換え。

スポンサーリンク

全体図

まずは全体図をご覧ください。

メガイルミの全体図のマップ

tokyomegaillumi.jp

これ基本的には綺麗に一本のルートになっていて、流れに沿って全体を一周して入口に帰ってこれるようになっています。

際立った点だけポイントでレポートしていきます。

スポンサーリンク

TWINKLE TUNNNEL

さて入口から一つ目のイルミネーションスポットであるトゥインクルトンネルまで!

メガイルミの入り口の写真

これ歩道橋の上からの入り口の写真なんだけど、この時はメチャメチャテンションが上がりました。

なんか遠くにオリンピックみたいなオーロラみたいな光が見えませんか?

広くて大きいのがわかる

本当に広くて壮大なんだろうな~と。

入り口のゲートをくぐって、さっそくこの一つ目のイルミスポットである、トゥインクルトンネル!

トゥウィンクルトンネル

ホームページでも見たまんまの光景。

のびたん

この時のテンションはまだワクワクモード。

スポンサーリンク

くるくるファンタジー

イルミネーションスポットその2!

くるくるファンタジーの写真

tokyomegaillumi.jp

くるくるファンタジー!

名前の「くるくる」の通りメリーゴーランドが特徴です。

一番のインスタ映えスポットです。

メリーゴーランドに乗る写真

重さのせいなのか、元からなのかメリーゴーランドは回りません。

そしてこのエントランスではそのまま競馬場の中に入ります。

競馬場の入口

ゲートを抜けると競馬場の広大な敷地が目の前に広がります。

メガイルミを一望できる場所

ただちょっとこの時点ではイルミネーションが遠くて圧巻と言うほどではありません。

あっちまで行くの遠いな・・・

スポンサーリンク

TOKYO TIME TUNNEL〜闇〜

イルミネーションスポットその3!

トーキョータイムトンネル、ヤミ!!

タイムトンネルの写真

なんちゅう名前w

なんか一応このパークのテーマが、「江戸・明治・大正・昭和の時代へタイムトリップ」らしくて、タイムスリップをイメージするトンネルらしいです。

THE GENFUKEI

続いてのスポットの名前は、原風景w

原風景の写真

「農村風景をイルミネーションで展開した事例は世界初の試み。」らしい。

バリ島で世界遺産のライステラスのイルミネーションもありました。

まあ綺麗。

なんで田んぼって思ったけどw

江戸にぎわい光夜

江戸の城下町をイメージしたと言うスポット。

江戸

「通りの各所には驚きの映像演出が盛りだくさん。」とはあるものの・・・

特に驚いたりおもしろいと感じるものはありませんでした。

歌舞伎イラストの映像が動いてるだけみたいなw

明治サプライズ迷路

「多数の透明なスクリーンに囲まれた不思議な空間が広がります。」

迷路

これも昔のカルタみたいな絵が光って並べられてるだけで、特に・・・w

昭和ただいま横丁

トンネルの一本道の左右に、昭和っぽいイラストが書かれているだけ。

昭和ただいま横丁

もはやイルミネーションほぼ関係ないけどw

MEGA TREE GARDEN

正直なんの仕掛けもないし、特におもしろくなくてテンション下がってきました。

しかし、最後のイルミネーションスポット、メガツリーガーデン!

ここが大きいイルミネーションの最終スポットになるんだけど、そこそこ綺麗!

ちょっとだけまたテンション上がりました!

メガツリーガーデン
ツリーの下
プロジェクションマッピング

とは言っても、プロジェクションマップなんかはお台場とかのほうが大きくて凄かったな。

あと、このすぐそばにイベント用のステージがあるんだけど、バンドマンが演奏しててメチャメチャ音がうるさ・・・w

好きでも嫌いでもないけど、知らない音楽を生演奏で爆音で流されるとイルミネーションが台無しになるっぽいw

イルミネーションの世界観に浸れないでしょw

ポニーちゃん

これは最後にまたちょっとだけテンションの上がるスポットを発見!

ポニーと触れ合えるコーナー

tokyomegaillumi.jp

ポニーと触れ合えるコーナー!

大井競馬場ならではですね。

3匹のポニーが待ってくれています。

僕の彼女がポニーに乗ったら、重すぎて動物虐待になってしまうので、触れ合います。

ポニー1
ポニー2

なぜかどっちの馬も僕のカメラのほうに目線を送ってきて、あきらかに助けを求めてきていますw

人間と豚が合体したような何かを目の当たりにして、恐怖におののいているようです。

ちなみに、手がメチャメチャポニーの匂いになるので、なですぎ注意w

総合的な個人の感想

では完全に個人の見解ですが、僕のレポートが途中からテンションが下がり始めた理由について。

広すぎる

大井競馬場が広すぎて、圧巻の電球を使ったイルミネーションもポツンと見えてしまった。

公式サイトに全てのスポットの写真が載ってるけど、それをそのまま見た感じ。

高さがないせいかわからないけど、わざわざ目の前で生で観て「すげ~!」とは思わなかった。

狭い場所に一か所に集結させたほうがよっぽどインスタ映えで圧巻かと。

例えば六本木のイルミネーションだと、長い一本道が白っぽい電球で統一されて高い木に装飾されたり、一か所に集結してて、世界観もインパクトもあると感じた。無料だし全然おすすめ。

そしてこの競馬場が広すぎて疲れる

どこかで見たブログでは、「ヒールじゃなくてスニーカーがおすすめ!」みたいに書いてあったけど、オシャレなデートには向いてないですね。

家族向けかな?

挑戦しすぎ

家族向けかと思いきや、昭和とか大正がメインだから違うかも。

「農村を風景にした世界初のイルミネーション」とかあったけど、

なんで昭和!?w

なぜ大正!?w

という感じで、郷土資料館に来たみたいな感じ。

個人的にイルミネーションとは合わない気がしました。

イメージモデルににこるんとか使ってる割りには、どの年齢層を狙っているのかわからないw

間違いなく若い女の子達が「800万個のイルミ♪」と思って来て、『昭和ただいま横丁』のトンネルに入ったら

「What’s?」

ってなると思うw

だから家族向けですら若者向けですらデート向けですらない気ガス。

ということは、高齢者向け?

でも競馬をしにくる人がメガイルミの開園まで残って見る人もいなそうだし、高齢者も夜から出歩かないだろうし・・・

謎だw

『明治サプライズ迷路』で謎のスクリーンの絵を見ながら歩くぐらいなら、よっぽどチームラボとかのがワクワクして良いな。

誰を狙ったイルミネーションなのだろう。

私の目線が冷めているだけなのだろうか。

まとめ

あくまで僕の個人的な感想なので、あしからず。

とりあえず、彼女の分も出すと3,600円!

最後にもう一本公式サイトの動画。

払う価値があるかどうかはご自身でご判断くださいw