時給が出る配信ライバー募集

原宿も新大久保でも食べれるオレオチョコチュロス!

オレオチョコチュロスの情報まとめ

のび君

のびのびです!

OREOが好きな方はこの写真だけでも驚いたと思うのですが、韓国で人気のオレオチョコチュロスはご存知でしょうか。

2019年1月時点では、東京だと新大久保と原宿で食べることができます。

今回はオレオ大好きな僕が直接行ってみたので、料金や場所のレポートをいたします。

お店の詳細

食べれるお店の名前はスノーヴィレッジ。

もともと新大久保にあって、それが原宿に移転して原宿のみでした

ただ、それが2019年1月には再び新大久保にも路面店を出したようです。

オレオチョコチュロスのGoogleMap地図
原宿店 東京都渋谷区神宮前1-8-8 COXY188ビル 1F A
新大久保店 〒169-0072 東京都新宿区大久保1丁目12

スポンサーリンク

行ってみた

今回は新大久保店に行ってみました。

新小久保駅からだと、イケメン通りを歌舞伎町側に向かって歩いて行って、ドンキホーテの入り口の横あたりです。

お店の入口の写真

わからない方は先ほどの地図をクリックしてね。

スポンサーリンク

メニューと値段

各店どちらも解説いたします。

新大久保店

メニューはシンプルに2種類のみ。

メニュー

  • オレオチョコチュロス(480円)
  • 塩キャラメルチュロス(480円)

券売機で買って渡します。

頼むとすぐ出てくるので、ほぼ並ぶことがないと思います。

でもお客さんが一度にたくさん来て、チュロスが揚がってないと言うことがあれば、その時だけ少し待つみたいで行列ができていました。

原宿店

アイスやキャラメルのトッピングもできる3種で、カップではなくお皿で出てきて店内で食べることができるようです。

240席で広いけど、原宿は混むことが多いので、食べログで予約もできるのでどうぞ。

>>[PR]SNOWY VILLAGE 原宿店の予約ページ

スポンサーリンク

食べてみた

カップに入った写真
アイスと合わさった写真

熱々のチョコチュロスに冷たいアイス。

のび君

いただきます

脳内がOREO状態になっていて、ガチでオレオが好きな僕からすればちょっと裏切られたような味。

というのもOREO感がそこまでない。

あくまでチョコチュロス。

というかチュロスなんて滅多に食べることがないので、もう15年ぐらい前のディズニーランドを思い出して涙ものですよ。

スポンサーリンク

感想

とりあえずオレオもチュロスも好きな人はぜひ。

僕のインスタでは300いいねを超えたので、そこそこインスタ映えもするみたいです。

青い背景はお店の壁だから簡単に撮影できますよ(^_-)-☆

今後は、塩キャラメルチュロスも食べてレポートしますね~。

その他のおすすめ

クセが強い!新大久保のテレビに出たグルメ集