時給が出る配信ライバー募集

タイのシーラチャータイガーズー行ってみた!念願のトラと戯れレポート!

タイで虎と戯れる方法

こんにちは、桃池未依です。

つい最近、タイのバンコクへ旅行してきました。そのときに、ずっとやりたかったことをしてきました。

それは何かと言うと、

『トラと戯れる!!』

そんなわけで、赤ちゃんトラと触れ合える【Sriracha Tigar Zoo(シーラチャー・タイガー・ズー) 】という動物園へ行ってきたのでレポートします!

シーラチャータイガーズーとは?

普通の動物園とは違い、餌をあげられるコーナーや、ゾウ・トラ・ワニ・豚などのショーや、危険な動物との記念撮影コーナーなど、貴重な体験ができる内容が多いのが人気の理由みたいです。

タイムスケジュールが入り口に出ていました。

その他の情報はこちら。

料金 ・大人:タイ人200バーツ、外国人450バーツ
・子供(身長140cm以下):タイ人100バーツ、外国人250バーツ
・身長100cm以下の子供:無料
住所 341 Moo 3, Nongkham, Sriracha, Chonburi 20110
電話 038-296-557
HP http://www.tigerzoo.com/

行ってみた!

パタヤから車で30〜40分のところにあります。この日は、泊まっていたホテルからだと遠くて2時間半くらいかかりました。大きめのタクシーを借りて、事前に往復の値段交渉をしてたので楽でした。

チケットの購入を窓口でする予定で来たら、タクシー運転手(タイ人)が、「代わりに人数分チケット買ってきてあげるよ」とのことでお金を渡しました。

「別にチケットぐらいは自分たちでも買える」と思ったけど、親切だしいいかなと思っていたら、違いました。

どうやら、チケットを購入する人が、『タイ人だと200バーツ、外国人だと450バーツ』という料金体系になっているので、そのタイ人の運転手さんは私たち6人分の差額の250バーツををポケットに入れていたらしいです。

桃池

まぁ、こっちに損は何もないのでいっか

という結論になりましたが・・・小賢しい。笑

入り口で肩にシールを貼られましたが、本日47人目のよう。

どんな動物がいるのかとか、どんなコーナーがあるのかあらかじめチェックせずに、園内の内容を把握しないまままわりました。

トラと出会う

まず入って1番最初にたどり着いたのは、小さなワニとの記念撮影コーナー。(200バーツ)

ワニも迷ったけど、今日の目的はトラ!!

なので、ここはスルー。通り過ぎると、

すぐ隣が子トラの記念撮影コーナーだったー!

早速、料金を支払い記念撮影!(200バーツ)

ミルクに夢中なので、とても大人しかった。

大型犬くらいの重量感があったけど、とにかく可愛すぎる。

スタッフがカメラで撮ってくれた物をプリントアウトしてもらえます。それ以外にも自分のスマホやカメラを渡すと撮ってくれます。

 

この後、次々他の人たちも撮影してたのですが、子トラもミルクをたくさん飲んでおなかいっぱいになると、ぐずり出しました。その辺は人間の子供と同じだなーと可愛かったです。

 

さらに奥へ行くと、さらに小さな赤ちゃんトラとの記念撮影コーナーあり。こちらもプリントされた写真がもらえる。(200バーツ)

かわいすぎて、にまにまが止まらなかった。

子トラも十分かわいかったけど、さらに幼いこの愛くるしさには完全に癒された。

 

そして、撮影コーナーで1番人気があったのはでっかい大人のトラコーナー!!

子トラ、赤ちゃんトラのコーナーが数人くらいしか撮影してる人いなくて、そんなもんかーって思ってたけど大人のトラコーナーは人気だった!

隣に並んだ記念撮影が200バーツ、10分くらい一緒に柵の中を散歩したり一緒に何パターンか記念撮影で動画も可能なコースが800バーツ。

ここは、せっかくなので思い切って800バーツ支払いました!

最初にロッカーに荷物を預けて、その後同意書にサインを書かされます。英語だったから正確にはわからないけど、内容は万が一に備えてのトラに襲われたときのため。。。

ま、まぁ大丈夫でしょう(^-^;

 

まるで犬の散歩。スタッフに誘導されながら、柵内の散歩ルートを歩きます。

誘導スタッフと、私のスマホを使って写真や動画を撮ってくれる撮影スタッフの2人がかり。

道順に沿って、一口サイズの肉が落ちてるのでそれに導かれて進んでくれます。

最初は少し怖いなと思ったけど、餌に夢中でこちらには見向きもしてこないので全然安心。

 

続いて、さっき散歩してたトラとは別のトラのもとへ。

リラックス体勢で待っているので、おそるおそる隣に座ってみた。

実におとなしい。

スタッフに指示されて、隣に寝そべってみた。

置き物レベルにおとなしかった。

もはや、寝てる???

そして、また別のトラの隣へ。

基本的にスタッフは先の尖った黒い棒を使って、指示を私にもトラにもしてきます。笑

このトラはキョロキョロしてたので、私も無意識に距離をとってしまってて、スタッフにもっと寄れと肩を押される。スタッフのことめちゃくちゃ見てるトラ。笑

そのおかげもあり、いい感じに撮れました。

10分経ったかどうかわからないけど、個人的に満足したので終了してもらいました。(私以外のメンバーは記念撮影のみにしてたので、待たせてしまってたのもあり)

こちらでもスタッフがカメラで撮ったものをプリントしてもらえます。

預けてたスマホを確認すると、こんなに撮ってたのかとびっくりするほどの数の写真(100枚くらい)と数分の動画が撮られてました。満足!

他の動物紹介

スルーした場所もあると思うので全部ではないけれど、気になった場所をピックアップしてご紹介。

ライガー

ライオン×タイガーでライガーらしい。

初めて見た。かわいい顔してたけどみんなトラのコーナーに夢中で、誰も記念撮影してなかったので暇そうに寝ている。

うさぎ

屋根のない、低い柵の中にいて自由に触っていいみたいだった。ふわふわが仲良く集まっててかわいい。

シカ

のんびりまったりしてた。餌を買ってあげたりできる感じだった。

ヤギ

こちらも餌待ちの様子。

ロバ

ロバも静かに佇んでいた。

写真ないけど、隣の柵にはポニーも。

ブタ

背中に番号の印字されたブタたち。

ピッグレースがあるとのことで、タイムテーブルをチェックして時間に行って予想してみたり。こちらは特に無料でした。

スタートと共に勢いよく走り込むブタたち。ブタってこんなに走るんだなーと見入ってしまった。

到着順に番号が発表されて、みんな盛り上がってました。

 

サソリ

女の人がマネキンのようにずっと立ってるから、なんだろう?と思ってよく見ると、服に大量のサソリをつけてました。怖!

サソリとの記念撮影コーナーでしたが、みんな注目はするものの実際撮影してる人はいなかった。

ゾウ

広い敷地にたくさんいた。ここでは、ゾウに餌をあげたり、乗ったりできます。

かわいかった子ゾウにバナナをあげてみた。上手に鼻でキャッチ。たしか、バナナも1房100バーツ。

ゾウの乗り方のパターンがいくつかありました。

ゾウの背中に乗って敷地内を一周するよくあるやつ。(100バーツ)

2頭のゾウの鼻と鼻の間に座れるブランコタイプ。(100バーツ)

ゾウの鼻にぐるっと巻かれるタイプ(100バーツ)

ここのゾウはいろんなことできるんだなーと感心。ショーも観たかったな。

ゾウの背中に乗ったことは以前あったので、ここでは1番気になった鼻に巻かれるタイプのものを選択!

でっかーい。とてもおとなしいです。

スタッフに指示されて、鼻をしっかり両腕で抱きかかえて身を預けると鼻がぐるっと体を一周。

すごい力でグイッと持ち上げられた高さは、想像より全然高くて遊園地のアトラクションにでも乗ってる気分。

がっちりホールドされてるのに少し怖いなと思う高さでした。貴重な経験したー!オススメ!

他のコーナー

ちょっとしたコーナーも紹介します。

トラに餌をあげる射的

こちらは階段を上がったところにあり、下にトラが何匹かいます。

上の階には、横一列に吊るされた箱がいくつも並んでいて、射的で的を打つと箱の中身の生肉が下に落ちるというもの。遠隔餌あげです。(15発で100バーツ)

これ私、割と得意でした。引き金がかたくて、力のない私は最初手こずりましたが、5箱くらい打ち落とせました。楽しかった!

ショータイム

やはり1番の見どころは、タイムテーブルの決められているトラやゾウやワニなどのショーのようで大人気でした。園内はたいして混んでないのに、この観客の数。

今回、時間の都合もありショーは1つも見れなかったのが残念。

感想

目的の『トラと戯れる』を完全に満喫できる場所でした。なかなか経験できないことだったので、とてもオススメです。

トラ以外にもいろんな動物がいるし、普通の動物園とは違っていろいろ体験型の楽しみもあり、ショーも見れます。

タイに行った時には、イチオシの観光スポットです!